対談・コラム

実店舗への来店を促進!話題のGoogleローカル在庫広告とは?

こんにちは!コマースリンクの角(すみ)です。
昨年末にアディダス ジャパンが導入し、話題となった「Googleローカル在庫広告」についてご紹介します。ローカル在庫広告とは、Googleが提供している実店舗への来店を促す広告で、Googleショッピング広告と類似している広告です。それでは早速、ローカル在庫広告についてご紹介していきます。

ローカル在庫広告が表示されるロジック

ローカル在庫広告が表示される仕組みとして、ユーザーが検索した「キーワード」や、ユーザーの現在地の情報に基いて、ユーザーの付近の実店舗が商品の在庫を持っている場合に、広告に「店舗在庫あり」と表示されます。または、実店舗までの距離が表示される場合もあります。

【表示イメージ】

通常、ショッピング広告をクリックした場合、Google Merchant Centerに登録されているフィードデータの link 項目に設定されている商品詳細ページに遷移しますが、ローカル在庫広告の場合は、「ローカルストアフロント」と呼ばれる、独自のLPに遷移します。
ローカルストアフロントページでは、実店舗の電話番号や住所、営業時間や店舗までのルートなどを確認することが可能です。
参考:https://support.google.com/merchants/answer/3057972

ローカル在庫広告を出稿する方法と注意点

ローカル在庫広告を始めたい!という方は、まず下記をクリアにしておきましょう。

  • 実店舗の在庫情報のデータを出せるか?
  • Googleマイビジネスに実店舗の情報が登録されているか?
  • 広告開始前に、実店舗の在庫確認がおこなえるか?
  •  ※広告を開始する前に、登録した在庫フィードと店舗の在庫数の一致を確認するフローが発生するため。

    開始までの大まかなフローは下記をご参考ください。

    1. ローカル在庫広告を有効にする
    2.  ※Google Merchant Center上で、[Merchant Center プログラム]のローカル在庫広告の[開始]をクリックする作業です。

    3. ローカル商品フィード※を作成する
    4.  ※ローカル商品フィードとは、実店舗が販売するすべての商品情報のデータフィードです。

    5. ローカル商品在庫フィード※を作成する
    6.  ※ローカル商品在庫フィードとは、商品と販売している店舗情報を紐付けるデータフィードです。

    7. Google Merchant Center に上記2フィードを登録する
    8. 在庫確認をおこなう
    9.  ※在庫確認担当者(広告主)が、Google社と連絡し、在庫確認をおこないます。

    上記が完了すると、広告の配信が開始されます。日本の場合、実店舗の在庫情報を所持していない企業も多く、まずは在庫情報の連携から始めないといけない…という企業様が多い印象を受けます。
    しかし、実店舗の在庫情報がしっかり連携できれば、効果が見込める広告ですので、ぜひ中長期的に取り組んでみてくださいね。

    ローカル在庫広告と相性のいい「来店コンバージョン計測」

    Google AdWordsでは、オフラインコンバージョンである「来店コンバージョン※」が計測可能です。導入にはいくつか条件がありますが、導入できた場合はローカル在庫広告をクリックしたユーザーがどれだけ実店舗に来店したかを数値化することができます。
    計測された来店コンバージョンは、AdWordsの管理画面にて確認できます。
    ※計測される来店コンバージョンは、ロケーション履歴をオンにしているユーザーのサンプル集合を集計、匿名化したデータに基づく推定値です。

    参考:https://support.google.com/adwords/answer/6100636?co=ADWORDS.IsAWNCustomer%3Dfalse&hl=ja

    まとめ

    ローカル在庫広告について、理解できましたか?
    すでにGoogleショッピング広告を実施済みで、実店舗をもっている場合は、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか?
    まずはGoogleショッピング広告から始めたい!という場合は、ぜひ「DFO(データフィード最適化)」をご活用くださいませ。

    ⇒DFOサービスについて、詳しくはこちら

    [角 2018年1月15日公開]